ステムとダンベリーならここ。

diagonalsmusic.com

いまは、「余計なもの」を省くというよりは、「必要なもの」を省く段階に来ているのです。そういう発想の転換が必要ではないでしょうか。だからといって、携帯電話をなくそう、と言うのではありません。資本主義の競争社会でビジネスマンとして儲(もう)け話を扱ってい困難な時代をどう生き抜くかるような人にとっては、それを持つ意味はまったく違うでしょう。しかし、ビジネスというのは人間社会のある一面であって、すべてではありません。多くの人は、携帯電話で済むような話であればたいしたものではないだろう、そう思うくらいの気持ちはあったほうがいいと思います。よくよく考えてみれば、絶対視するほどのものではないはずです。私自身、携帯電話を持つようになったのはずいぶん遅く、三、四年前からだったと思います。まるで電話に追いかけられるような感じが嫌でしたし、便利かもしれないが、なくても別に困らないだろう、というのが当時の考えでした。この考えは、いまでも変わりません。本当に必要な連絡なら、私にしても相手にしても、必ずなんらかの方法で伝えるはずだからです。

9母さん、堂々と病んでください この時の話は、いまでも私には不可解だ。深夜の病院で、むかし見た紙芝居の「赤マント」のように、マントの裾をひるがえし、廊下を飛び歩く悪魔が私の頭に浮かぶ。そして、それが私の母だなんて。。しかし、事態は悠長にそんなことを究明している段階ではなかった。帰ってきた母は、ますます異常な行動をとる。(私は、嫁に殺される。される)という妄想に捉われ、時をかまわず、一○番をかけ、〃助けてくれ!〃と叫ぶ。困ってしまった弟夫婦が、母の電話線を切り、通話が出来ないようにすると、母は見舞い客に、「私は殺される。私のかわりに警察へ通報してほしい。私を助けてください」と懇願する。仕方がないので見舞い客を遠ざけると、今度は動けぬはずの母が、早朝、寝巻のまま戸外へ這い出し、道路に転がって倒れてしまう。

だが、九六0年代に入って政改革・地域生活圏闘争の推進を新運動方針の重点課題として決定した。この方針にもとづく活動が地域生活圏闘争である。これは第二次臨時行政調査会(臨調)の設置とそのもとでの行革の進展への官公労系労働組合の対応策の一つとしてあらわれたもので、地域の生活課題に即して公共部門の役割を積極的にうちだすことにより、住民の支持を得て労働条件の切り下げや人員削減に対抗しようとする狙いをもつものであった。具体的にはそれまでも国民春闘の地域版として提起されていた高齢者対策、生活環境、地域交通、情報公開など一四課題が掲げられた。さらに八0年代後半には地域活性化施策にみられる経済・文化面での地域活動へのかかわりにも発展した。

そんな分離不安気味の犬のためにつくって、家族みんなでやらなきゃねって家族全員でやってもらったんです。ご夫婦と犬にね。そしたらご主人が一番変わった。大勢の他人といっしょにいるときに一人つきりで孤立していた人が、それを飲みはじめて気がついたらみんなの輪の中にいたんですって。それも、自分でもエッと思うぐらい気がつかないうちに性格が変わってきた。実際、そんなことが起きるんです。そうすると今度は犬の方の問題行動が改善されてきた」山下さんによると、人間に使う場合と犬や猫に使う場合とでは少し違う。犬や猫は自分の口では話せないから、まずは彼らの感情面をよく観察しなければならない。頭の犬にカウンセリングしてレメディを選んでいくときには、その子の生い立ちから生育歴、生活習慣とかを全部聞き出して、いまの症状の底にあるものを探っていくのだそうだ


ホーム RSS購読 サイトマップ